スポンサーリンク

2020年4月22日、東京都では「東京都感染拡大防止協力金」15時から申請開始。

東京都産業労働局で15時から「東京都感染拡大防止協力金」の申請がスタートした。

「東京都における緊急事態措置等」で、休止や営業時間短縮の要請を受けた施設を
運営する中小企業(個人事業主を含む)が、休業の要請等に全面的な協力を行った場合に受け取れるも協力金である。

少なくとも令和2年4月16日から5月6日までのすべての期間において休業を余儀なくした会社やあ対象となるわけだが、2020年4月22日15時に申請がスタートした。

方法は郵送もしくはweb申請となる。

支給額は1店舗50万円、2店舗以上だと100万円が条件を満たすと支給額となる。

6月15日(月)が申請の期限となっている。

専門家(税理士、中小企業診断士、公認会計士、東京都青色申告会)の事前確認を経ることで、

より円滑に進む仕組みとなっている。

行政機関が混雑して、クラスターにならないように極力窓口で対応しないように、

オンライン申請や郵送手続きで進めるというスピード感としては早く感じた。

緊急事態宣言が出てから、各地方自治体毎に政策を打ち出し始めているので、

とある県では支給される給付金が、他の県だとそもそも存在しなかったり、

さらに情報の精査が必要だと感じている。

各給付金や補助金の管轄の省庁の窓口に加えて、

さらに緊急相談センターのような電話窓口が増設されたりしているものの、

実際に5回位掛けなおさないと電話が通じないのが現状で、

それくらい問い合わせが殺到している状態なんだと感じている。

商工会議所を通じた新型コロナウイルスの特別貸付も、

商工会議所の対応してくれた人が説明した通りの資料を日本政策金融公庫に提出したら、

資料が足りないと連絡が来たり、誰も正解を知らない感。

それぞれ探り探りなのかな。

 

 

 

コメント