スポンサーリンク

生殺与奪の権を握らせるなという言葉が響いた話

アニメ・ドラマ

鬼滅の刃富岡義勇という人物がある一言を放った。

その発言があまりにも心に刺さるので振り返る。

第一話で主人公の竈門炭治郎

鬼になってしまった妹を庇い、どうにか元に戻したいと強く願う。

鬼は人間を食べる性格を持っているがゆえに、

基本的に抹殺すべきであるところで、

何故人を食い殺す鬼を庇うかという

ところを問いただすシーンである。

[鬼滅の刃] 「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」

「生殺与奪の権を他人に握らせるな!

みじめったらしくうずくまるのはやめろ!

そんなことが通用するなら お前の家族は殺されていない!

奪うか奪われるかの時に主導権を握れない弱者が 妹を治す?

仇を見つける? 笑止千万!!

弱者には何の権利も選択肢もない!

ことごとく強者にねじ伏せられるのみ!!

妹を治す方法は鬼なら知っているかもしれない。

だが鬼共がお前の意思や願いを尊重してくれると思うなよ !

当然俺もお前を尊重しない。

それが現実だ!!!」

自分自身あまりアニメの中で言葉心に響くことはないが、

今回のこのセリフは今の資本主義日本において、

非常に重なる部分を感じた。

生殺与奪の権を他人に握られせるな!

特にこの言葉は自分の心に強く残っている。

生きるも殺すも与えるも奪うも他人任せというのは、

奴隷と主君との関係を表している。

確かに、この世の中雇用契約という下で、

労働者雇用者によって生殺与奪の権を握られている。

細かくは様々な法律で労働者も守られてはいるものの、

クビと言われたら一発で社会的に抹殺をくらうわけだから、

そういう見方もできなくはない。

資本主義において、

弱者には何の権利もないというのは言い過ぎだが、

権力がある強者によって主導権は握られているのも事実。

人によってアニメ、ドラマや映画何をとっても

見え方感じ方は違うとは思うので、

今回は自分自身が過度に捉えているだけかもしれない。

自分が感じたことそのまま書いたらこんな感じでしたと。

 

 

 

 

 

コメント