スポンサーリンク

簿記3級入門~決算整理手続き~売上原価の算定

簿記

今回は売上原価の算定方法について説明していく。

小売業のような商品を仕入れて、販売し、在庫が残るようなケースでは

この処理は避けて通れない。 

決算整理~売上原価の算定

売上原価の算定

売上原価とは、当期に販売した商品の仕入れ原価のことをいう。

これまで、商品を仕入れたら仕入【費用】で処理してきたが、

期末に在庫(売れ残った商品)がある場合には、

その分の原価を仕入【費用】から差し引かなければならない。

また、期首に在庫がある場合、

その在庫は当期中に販売されているので、

その分の原価を仕入【費用】に加算する必要がある。

この修正を計算式で表すと、次のようになる。

売上原価 = 期首商品棚卸高 + 当期商品仕入高 

       - 期末商品棚卸高

●用語説明

  1. 期首商品棚卸高:期首時点の在庫
  2. 期末商品棚卸高:期末時点の在庫
  3. 当期商品仕入高:登記に仕入れた金額

例1

次の資料にもとづき、売上原価を算定しなさい。

期首商品棚卸高:100円 期末商品棚卸高:200円

当期商品仕入高:1,000円

売上原価:900

※100円 + 1,000円 - 200円 =900円

売上原価を算定するための決算整理仕訳

次は、売上原価を算定するための仕訳についてみていく。

売上原価を算定するための仕訳には、

仕入勘定で算定する場合と、売上原価勘定で算定する場合があるが、

ここでは仕入勘定で算定する場合についてみておく。

売上原価を仕入勘定で算定する場合、

仕入勘定と繰越商品勘定を用いる。

なお、繰越商品とは、期末に売れ残った商品(期末商品棚卸高)のことをいい、

この商品は翌期首に繰り越される。

したがって、当期の決算を行う前の繰越商品勘定の残高は、

当期首における商品の残高(期首商品棚卸高)を意味する。

期首時点で保有している商品は、通常、当期中に販売されるため、

期首商品棚卸高【資産】は当期の売上原価【費用】となる。

そこで、決算において期首商品棚卸高を繰越商品【資産】から仕入【費用】に振り替え、仕入【費用】に加算する。

次に、期末商品棚卸高を仕入【費用】から繰越商品【資産】に振り替え、

仕入費用】から減算する。

例2

決算において、売上原価を算定する。

期首商品棚卸高は100円、期末商品棚卸高は200円であった。

 

仕入 100 繰越商品 100
繰越商品 200 仕入 200

 

 

最後に

今回は決算で頻繁に出てくる売上原価の算定について説明した。

これ以外にも決算手続きというものはいくつかあるが、

他の決算手続きは別の機会でとする。

bye

コメント