スポンサーリンク

簿記3級入門~普通預金ではなく当座預金

簿記

今回は簿記を学んでいくうえで必須項目である

当座預金についてやっていく。

当座預金

当座預金とは

当座預金とは、預金口座の1つだが、預金を引き出すときに小切手を用いる点と、

利息が付かない点が特徴的な預金である。

銀行で振込依頼書振込申込書に記入するとき、

振込先の預金の種類に「普通預金」「当座預金」があるのを

見たことはないだろうか?

「普通預金」は、通常自分たちが何気なく使っている個人用の預金だと思う。

これに対して「当座預金」は、いわゆる商売用の預金といえる。

当座預金の処理

当座預金の預け入れや引き出しは当座預金【資産】で処理する。

当座預金に預け入れたとき

当座預金口座に現金を預け入れたときや当座預金口座に入金があったときは、

当座預金【資産】の増加として処理する。

例1

ペンギン商店はハト銀行と当座取引契約を結び、

当座預金口座に現金100円を預け入れた。

 

当座預金 100 現金 100

 

小切手を振り出した時

小切手を振り出したときや当座預金口座から自動引き落としがあったときは、

当座預金【資産】の減少として処理する。

例2

ペンギン商店は キツネ商店に対する売掛金100円について、

アザラシ商店振出の小切手を受け取り、ただちに当座預金口座に預け入れた。

 

買掛金  100 当座預金 100

 

ただちに当座預金口座に預け入れた時

現金や他店が振り出した小切手等を受け取り、

ただちに当座預金口座に預け入れた場合には、

現金【資産】を増加させたあと、現金【資産】を減少させて

当座預金【資産】に振り替えることになる。

しかし、結局、現金【資産】の増加と現金【資産】の減少が相殺されることになるので、

通常は現金【資産】の増加で処理せず、直接当座預金【資産】の増加として処理する。

例3

ペンギン商店はハリネズミ商店に対する売掛金100円について、

ネコ商店振出の小切手で受け取り、ただちに当座預金口座に預け入れた。

 

当座預金 100  売掛金 100

 

解説

①小切手を受け取った時の仕訳

現金   100  売掛金 100

                     +

②当座預金口座に預け入れた時の仕訳

当座預金 100 現金  100 

③解答の仕訳

当座預金 100 売掛金 100

 

自己振出小切手を受け取った時

小切手を受け取った場合でも、

その小切手が以前に自分が振り出したもの(自己振出の小切手)である場合には、

現金【資産】の増加ではなく、当座預金【資産】の増加として処理する。

これは、小切手を振り出したときに当座預金【資産】の減少として処理しているので、

その小切手が戻ってきたときには、当座預金【資産】の減少を取り消す処理をするということである。

 

例4

ペンギン商店はひよこ商店に対する売掛金100円について、

以前にA商店が振り出した小切手で受け取った。

 

当座預金 100 売掛金 100

 

 

最後に

今回は当座預金についての基本的な事項を述べた。

当座借越というものもあるが、別のタイミングで述べていくつもりだ。

それではまた.

bye

コメント