スポンサーリンク

ことわざ、時は金なりについて真面目に考察した。

ノンジャンル

時は金なり という言葉は非常に私は好きである。

好きな言葉だからこそ考察してみた。

一般的に、時は金なりとは、時間はお金と同様に貴重なものであるため、

決して無駄にしてはならないという戒めであるとよく言われている。

私はこの言葉は別の意味があると個人的に思っている。

「時は金なり」は金なりはよく英語でtime is money と言われるように、

直訳すると、時間はお金だ

つまり、

働いた時間がお金になる時間給で働くパートのことを言うのではないか?

私も先月までは時間給で働くパートタイマーだった。

今月から正社員なので、残業代なども込みで金額が決まっているので、

時がお金になっているかというと少し外れている。

なので、万人にとって時が金になっているかが唯一の疑問となる。

特に気を付けてほしいのが、

一日中寝ていたりした場合は時がお金になっていない。

お金自体の量は変わっていないのだ。

仮に友達とごはんにいくとする。

時間も使うしお金も減る。

やはり、万人には当てはまらないのでこの言葉は、

まだまだ改善の余地がありそうだ。

というところで、今回はこのへんで

 

 

 

 

コメント