スポンサーリンク

ぶらり京都旅、Angel Library

Blacky

 

ぶらり京都旅、二本目は『Angel Library』 をメインに書いていこうかと。

確か、知り合いに会いに同志社大学に行った帰り道の話になると思う。

 

大学近辺の京都御所→出町桝形商店街といった流れで散策した記憶。

 

京都御所は、だだっ広い空間だなぁ・・・。くらいの感想で過ぎ去ったような。

 

なにせ日本史の教養がない。

 

そういう知識があるとさらに京都を楽しめるんだろうなぁと思いつつも、めんどくさいからいいやと片付けてしまいがち。

 

もっと仕事とかに役立つ知識を身に付けたいという立派な理由で目をそらしてしまう割には、何もしない現実。

 

スマホとかみる時間を全部本を読む時間に換えることができたなら、どんな人間になれるのだろうかなどと非生産的なことを考えながら「出町桝形商店街」に到着。

 

アニメ たまこマーケットの聖地だったりする。

 

キャラクターたちがお出迎えしてくれてる。

 

なかなかな再現度。聖地巡りは楽しい。

 

写真はないが、カフェのような古本屋のような小さな映画館っぽい店がとても気になった。

 

少し入り辛さを感じ眺めるだけでスルーしてしまった後悔。

 

次行った時には勇気を振り絞ろうと思い鴨川へ。

 

コンビニで買ったコーヒーを片手に、鴨川沿いを徘徊。

 

ローソンが一番美味しいと思う。 

 

30分くらい歩いてみると、ハリーポッターの世界に出てきそうな建物に遭遇した。

 

チョコレートのお店 「Angel Library」

 https://www.cacaomarket.jp/

 

 店に入るとすぐ、店員さんにカフェのご利用するかと声をかけられた。

 

結構歩いていたこともあって、利用すると即決。

 

待ち時間は撮影タイムに。

どこを切り抜いてもインスタ映え間違いなしといったお洒落空間。

インスタ系スポットは敬遠しがちだが、訪れてみると満足してしまうことに少しの悔しさを感じながら撮影。

 

三組待ちだったが、不在ラッシュで意外とすぐに呼ばれた。

 

ついてましたねと店員さん。きっと天使の導き。

 

カフェは秘密の暗号を入力して入った先にある。写真はあえて撮らず。

 

なんでもネットから情報をえればいいってもんじゃない。

 

バズる訳だと納得。 

人が多いと撮影をすぐ諦めてしまうため、店内の写真はないが、とても良い世界観だった。

 

ケーキとホットチョコレートのセットを注文。

 

コーヒーのエスプレッソやカフェラテ、アメリカンのように、ホットチョコレートにもいろいろな種類があることに驚いた。

 

いろんなことを知れるのが旅の醍醐味だと思う。

細かくは覚えていないが、ミルクで割ったホワイトチョコレート味だったはず。

アイスはキャラメル・ピスタチオ・ティラミス味を選択。ティラミス味が好みだった。

被写体として映る度胸は当分持てそうにないと思いながらも一応撮影したもの。

 

コメント