スポンサーリンク

簿記入門

簿記

早速だが、今回は 簿記について書いていく。

簿記というものに馴染みがある人が少ないのが現状だと思うが、

少しでも多くの人に簿記というものを知ってほしい。

 

 そもそも簿記って何?

会計の世界の話になるが、

簿記は個人や企業などの経済的な活動を

帳簿に記録すること

を簿記という。

身近なものでいうと、

家計簿である。

スーパーでお買い物をしたり、映画を見たり、本を買ったりなど

日常生活で何に使っているのか家計簿をつけている人もいるはず。

しかし、家計簿は一般的に単式簿記といい、

現金の出入りのみの記録となっている。

会計の世界では、あまりこの単式簿記を使うことは極めて珍しい。

では実際はどのような記録の仕方をしているのだろうか?

他の帳簿への記録の仕方って何?

 

 

 会計の世界では現金以外にも購入するタイミングと、実際に支払うタイミングの

異なるクレジットカードや、家を買ったりしたときに家というものを取得した価

額で固定資産として記録したり幅広く取り扱っている。

これから扱うのはそれらを記録するのに便利な複式簿記であり、

会計の世界では基本となっている帳簿を記録する方法である。

最後に

 

これから複式簿記について段階を追って説明していくので、

興味がある人はまた覗いてくれると幸いである。

感想などあればコメント欄にどうぞ。

bye~~

 

 

 

 

 

 

コメント